白ニキビは停滞しやすく、治りにくい

20代も後半になってくると、生理前以外は赤ニキビはできにくくなってきたのですが、白ニキビは未だにいつもでき続けています。
頬や鼻の下や顎の部分にできた白ニキビなら、うまく触らずにニキビ薬を塗ってケアすれば、赤ニキビに進行する前に治ることがほとんどです。
しかし、おでこにできる白ニキビは、違います。私は、おでこや眉毛の辺りやこめかみ部分に、白ニキビができやすい体質です。
赤ニキビに進行することもありますが、白ニキビができると、たいていは、なぜか治るよりも、周囲に広がってしまいます。白ニキビは、おそらく、1つできると、「とびひ」しやすいのかもしれません。
色が白いので、触ってみたり、近くで見なければ、あまり目立ちませんが、とても嫌です。
白ニキビが額・眉毛・こめかみにできやすい原因は、髪の毛が触れやすい、汗をかきやすいからだと思います。
よく、皮膚科医などは、前髪が髪に触れないように、おでこを出して、ピンでとめろと言いますが、ニキビがある人は髪の毛で少しでも隠したい、おでこ全開には、自宅ではできるけれど、瞳が大きい人でなければ、おでこ全開のヘアスタイルは瞳が小さくなり、似合わないのがわかっているのかと思ってしまいます。
ですから、白ニキビが多い場合、自宅では、ピンでとめておでこ全開にしていますが、外出するときは、前髪を上げられないので、髪の毛で隠れる部分は、まったくファンデーションを塗らないで、眉毛だけ描くようにしています。
白ニキビは停滞しやすく、治りにくい

白ニキビ解消ならここ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です